株式会社ぱんだ堂公式ホームページへようこそ。

【盈俄純謎・端視存胤】文字の意味~生涯一度きりシリーズ~

【盈俄純謎・端視存胤】文字の意味~生涯一度きりシリーズ~

 
生涯一度きりシリーズ2023、間もなく販売開始します。
こちらの四種のロジカルヒーリング®のご提供は、生涯に一度きり、今回のみです。ぜひお見逃しなく!
 

▼ 詳細はこちらです
生涯一度きりシリーズ2023

 

生涯1度きりシリーズ,サムネイル,ぱんだ堂,

 
■盈俄純謎・端視存胤(えいがせんめい・はじとういん)

 

【盈(えい)】は、みちる・みたす・いっぱいになるなどの意味を持つ漢字です。
 

自分が努力した結果が自信となり、自己信頼、自己肯定感を育むことがあります。
 
私達は生きている過程で、自分で気づいていること、気づいていないことも含めて、大小さまざま結果を出しています。
 
自分をいっぱいに満たした様々な結果が社会に影響を与える。
 
社会で活躍することが新たな結果を生みさらなる自信となる。
 
盈(えい)は、そんな働きを持っています。
 
 

【俄(が)】は、にわか・急に・突然などの意味を持つ漢字です。
 

チャンスは突然やって来るという表現があります。
 
これは自分がコツコツと続けてきたこと、丁寧に積み上げてきたことが起こす、必然であることも多いです。
 
単に運がいい、ラッキーだったと言う人ほど、コツコツと丁寧を継続されているようです。
 
俄(が)は、あなたが継続してきた何か、あなたが積み上げてきた何かが、必然となること助ける働きを持っています。
 
また突然やって来たチャンス、予期せぬ成功や幸せ、急に変化を起こした環境に反応と対応する力を持っています。
 
 

【純(せん)】は、穢れない・飾らない・混じり気がない・生糸などの意味を持つ漢字です。
 

穢れない無垢な自分は、自分を害する全てのものの影響を受けません。
 
飾らない素の自分は、世間一般、常識、当たり前を気にしません。
 
『穢れない無垢』と『飾らない素』から、混じりけの無い純粋な思いが生まれてきます。
 
例え世界の多くが違うと言っても、自分だけは『混じりけの無い純粋な思い』を信じることが出来る強さを育む。
 
純(せん)は、そんな働きを持っています。
 
 

【謎(めい)】は、なぞ・不思議なこと・答えが隠されているものなどの意味を持つ漢字です。
 

他人が見るとすぐに気づくことであっても、自分ではなかなか気づかずに問題をこじらせ、解決を遅らせることがあります。
 
これは自分の正義、自分のルール、自分の当たり前など、自分基準の視点では問題として認識されないから起こります。
 
自分基準が機能不全を起こしている場合、基準そのものを正し、隠されている答えに気づく感覚を磨き、隠された答えを見つける知恵を育てる。
 
謎(めい)は、そんな働きを持っています。
 

盈俄純謎・端視存胤,ぱんだ堂,ロジカルヒーリング,生涯一度切りシリーズ

 
【端(は)】は、ただしい・形が整っているなどの意味を持つ漢字です。
 

「絶対的に正しいと言うことは無い」と、このような考え方があります。

例えば、一つの体験を50人同時にしたら、最大50通りの事実認識が起り、それによって『正しい』も変わります。
 
そして、これと同じことが私たちの内側でも起こっています。

私達には、優しい私、怒りん坊な私、泣き虫な私など、様々な性格や特性を表す『キャラクター』が存在しており、『キャラクターごとに正い』が違う可能性があります。
 
各キャラクターの正しいを適材適所で選び、それを現実にフィットするように整える。
 
端(は)は、そんな働きを持っています。
 
 

【視(じ)とは、みる・目で見る・注意して見るなどの意味を持つ漢字です。
 

『傾聴』や『ただ聞く』ことは重要ですが、それと同じくらいに見る力も重要です。
 
思い込みや妄想の影響を受けずに、客観的事実として在るがままを見る力は、現実を正しく認識する上で重要な役割を持っています。
 
また『心の眼』と表現される感覚的な視覚は、客観的事実から重要なヒントや気づきを得る際にとても役立ちます。
 
視(じ)は、客観的事実を見る力、感覚的に見る力を育む働きを持っています。
 
 

【存(とう)】は、ある・いる・現にある・生きているなどの意味を持つ漢字です。
 

人としての在り方が品性を高め、心の在り方が徳を高めます。
 
自分の日常に意識をむけ、現にある幸せを知り、足りているものを知ることで例えわずかでも幸福感、安心感、安定感が増します。
 
これは現実を正しく認識する作業を行うことで、不要な不安要素が安定要素に転じるからです。
 
存(とう)は、現にそうであることを明らかにし、幸福感、安心感、安定感が増す働きを持っています。
 
 

【胤(いん)】は、血すじ・血統・子孫・あとを継ぐなどの意味を持つ漢字です。
 

血統は大きな川の流れに例えられることが有ります。
 
何代も先の時代に川上から流されたものが、今を生きる子孫の誰かに影響を与えることもあります。

その中には当然のことながら嬉しい影響、迷惑な影響の両方が存在しています。
 
今の時代にそぐわない物は影響が出ないように、今以降に役立つものは正しく引き継がれ役立つように。
 
胤(いん)は、そんな働きを持っています。
 
 

▼生涯一度きりシリーズ詳細はこちらです